7月20日(金)にしょうざんリゾート京都にて行われた「Leaf×しょうざん日本酒女子会」は、雨上がりの森の中に佇むノベルヴィラを舞台に大盛況のまま幕を閉じた。
四川、広東、上海、北京の4大中国料理を上質に織り交ぜた料理を提供した「楼蘭」は、しょうざんで24年の歴史を刻むチャイニーズレストラン。今回のイベントの為に北京ダックを含む全7品の特別メニューを提案した。 また今回はウェルカムドリンクとして宝酒造の松竹梅白壁蔵「澪」や、新発売の増田徳兵衞商店「稼ぎ頭」など京都を代表する蔵元からの銘柄に加え、笑四季(えみしき)酒造のモンスーンシリーズや、浪乃音酒造の「渡船」、冨田酒造の「七本槍」など、滋賀のレアな日本酒も並び今までの日本酒女子会からも更にパワーアップした内容であった。
参加者も食べるのがもったいないほど美しく盛りつけられた料理とともに、辛口からデザートワインのような甘口の日本酒を片手に、お好みのマリアージュを自分の感覚を研ぎすまして発見していた様子。
和やかに真剣にきき酒をしている姿からも、女性の日本酒への関心の高さが伺えるイベントとなった。

 

今回ご提供の日本酒10銘柄
「富翁純米酒プルミエアムール(初恋)」/北川本家
「七本槍 純米」/冨田酒造
「渡船」/浪乃音酒造
「モンスーン 五百万石×NO.44酵母 コーダ」/笑四季(えみしき)酒造 

「稼ぎ頭」/増田徳兵衛商店
「花洛 純米大吟醸」/招徳酒造
「英勲 大吟醸」/齋藤酒造
「桃の滴 純米大吟醸」/松本酒造
「古都 純米吟醸」/佐々木酒造
「鷹取 大吟醸」/山本勘蔵商店
※ウェルカムドリンクとして、松竹梅白壁蔵「澪」/宝酒造

 

楼蘭特別ご提供メニュー/全7品
・中華珍味の一口バリエ
・中華珍味の一口バリエ
・海老のマスタード炒め パプリカソース
・中華風茶碗蒸し 酸辛仕立て
・北京ダック
・牛頬肉の四川風煮込み
・手毬焼飯の蟹肉餡かけ
・柔らか杏仁豆腐 色彩ソースがけ

 

↑↑↑↑ウェルカムドリンクを片手に特別に「紫水苑」の見学

 

↑↑↑↑10銘柄の日本酒の迫力!

 

↑↑↑↑「中華の色々な味も日本酒に合うんですね」と真剣

 

↑↑↑↑楼蘭シェフによる北京ダックのカービング!

 

↑↑↑↑豪華プレゼントが当たるクイズも白熱!

 

↑↑↑↑わいわい賑やかに話も弾みます

 

きき酒コメント
北川本家 富翁 純米酒プルミエアムール(初恋)
[香り豊か][甘口]
まるでワインや梅酒のよう!梅、杏、ユリ、キンモクセイなどを思わせる華やかな香りや酸味。この味が米と米麹だけで作れるなんて!甘めの肉料理やグラタン、グリル、デザートなどに合わせたいタイプ。またはお酒自身をデザートとしても楽しみたい。

冨田酒造 七本槍 純米
[すっきり][辛口]
すっきりとした辛口端麗の飲み口ながらも、後から檜のようなスモーキーな香りとともに冴えた酸味と、しっかりとした米の旨味も感じられる料理に合わせやすい爽やかな日本酒。鶏ささみのタタキやシーザーサラダなど、さっぱりと合わせたい。

浪乃音酒造 渡船 純米大吟醸 渡船
[まろやか][甘口]
口にふくんだ瞬間広がるやさしくおおらかな米の甘さ。ほくほくとした旨味とともに角のない酸味が広がる。後味は栗のようなやさしい苦みが全体を引き締める。湯豆腐など、シンプルな料理に合わせると、素材のおいしさが引き立ちます。

笑四季酒造 モンスーン 五百万石×NO.44酵母 コーダ
[極甘口][軽やか]
バナナやマンゴーなど南国のフルーツを思わせる華やかで濃厚な甘み!それでいて余韻は華麗に軽やかにぬけていくのでバランスのいい味わいです。レアチーズケーキなどにも合いそうな極甘口のデザートワイン。まさにお洒落な女子のための日本酒です。

増田徳兵衛商店 稼ぎ頭
[軽やか][香り豊か]
これは日本酒なのか!?と疑いたくなる日本酒。米と米麹以外一切使用せず、杜氏のさじ加減ひとつでこの酸味、軽やかさ、果実酒のようなすっきり感。それでいて飲み干すと確かに米の味わいが広がります。アルコール度も低く、まさにアペリティフにふさわしい、乾杯にも適した日本酒です。

招徳酒造 花洛 純米大吟醸
[香り豊か][淡麗]
口にふくんだ瞬間、パッションフルーツや白桃のような香りや甘みが広がる。サラリとした酸味の中にも、ミネラルのような爽やかな苦味が全体をまとめている。途中から柔らかな米の旨みがふんわりとあふれ出しつつも、全体的には軽い飲み口でどんな料理にも合わせやすいタイプ。海老とアボカドのサラダや鯛のカルパッチョなど、前菜とともにキリリと冷やして合わせてみたいタイプ。

齋藤酒造 英勲 大吟醸
[香り豊か][濃醇][まろやか]
道明寺粉のようなやわらかな甘さ、朴葉のような素朴な香り、葛を思わせるふくよかな旨みがバランス良く調和してる。旨みは後から次々とあふれ出し、麹につつまれたやさしい味わい。強すぎない吟醸香が五感をあんばい良く刺激しつつ、料理との相性を格段に広げたコクのあるタイプ。京都産の酒米を65%も磨き落とした贅沢な逸品。イカ墨のパスタのようなクセの強いものでも難なくまとめ上げる。

松本酒造 桃の滴 純米大吟醸
[フルーティー][芳醇][辛口]
青いリンゴに似た爽やかな香りにつるつるしたふくらみのある味わいを持っています。充実した吟醸香がありつつも、決して料理の邪魔をしない、後味のキレの良さ。タコの薄造りなどとさっぱりと合わせたい。

佐々木酒造 古都 純米吟醸
[軽やか][甘口]
すみれやラベンダーのような軽やかでブルーな香り、上質な三温糖のようなミネラルたっぷりな甘みの裏から、お米を噛みしめたような甘さがあふれる。とうもろこしや小豆のような穀物系の旨みが感じられるふくよかさ。塩味を引き立たせ料理に対して従順なタイプ。

山本勘蔵商店 鷹取 大吟醸
[芳醇][濃厚]
椿やバラのようなゴージャスな香りのある大吟醸で、ぐっと引き込まれます。米の旨みがしっかりと生きていて、干しアンズのような濃純な甘みが広がります。あと口にはトチの実やどんぐりのような野太さも感じられ、忘れられない味が後をひきます。メインの料理に合わせたいタイプです。

 

グルメに敏感な参加者のみなさんがここまで盛り上がるかと思うほど、会場の雰囲気が沸き立つ結果となりました。 今後も京都の日本酒復興に向けて様々な取り組んでいきたいと考えておりますので、開催の折には是非ご参加下さい。告知は、当サイトKyoto Loves Sakeより発信していきます。 最後になりましたが、当日ご参加頂きました関係者の方々、先行予約でご応募頂きました皆様にこの場を借りてお礼申しあげます。誠にありがとうございました。

イベント名

開催場所

日時

参加費

イベントURL

お問い合わせ先

イベント概要

備考欄

申込期限

定員

振込先