10月1日(月)と2日(火)の両日、烏丸周辺を舞台に盛大に開催された「京都・日本酒ほろよいFesta 2012」。京都の酒蔵と飲食店がタイアップし、日本酒と酒肴のオリジナルメニューがご堪能いただけるこのイベント、日本酒の魅力のひとつである「どんな料理とも相性がよい」ことを実感していただくため、居酒屋だけでなく、和食、串焼き、天ぷら、イタリアンにいたるまで幅広いジャンルの店舗が一堂に会しました。日本酒好きの方はもちろん、今まで日本酒にあまり接してこなかった方のご参加も多数あり、平日にもかかわらず2日間の参加人数はなんと2200名以上。4枚綴りのチケットでお目当ての店舗をハシゴする街歩きの面白さ、各蔵の様々な日本酒の飲み比べ、参加者同士の「飲みニケーション」など、日本酒を通じた楽しみ方をそれぞれに体験していただきました。

▲オープニングセレモニーで行われたのは、門川市長、佐々木理事長、増田理事長、大西市会議長、山岸市会副議長による鏡開き。「よいしょ!よいしょ!!よいしょ!!!」の掛け声とともに勢いよく鏡が開かれ、会場は盛大な拍手に包まれました。その後、京都の日本酒振興プロジェクトの前途を祝し、皆様で乾杯と成りました。(敬称を省略させていただきました)

▲4枚綴りの「ほろよいチケット」を片手に目指すはお目当ての店舗。お気に入りの日本酒、食べたいメニュー、行ってみたかった店舗、楽しみ方は皆さんそれぞれです。

▲順番待ちの時間にはお隣りさんと情報交換。「彼処が美味しかったのでおすすめですよ」。日本酒好きな仲間同士、自然とコミュニケーションが広がります。

▲長い行列ができた店舗も。お待ちいただいた皆さん、どうもすみませんでした。

▲「乾杯!!」皆さんの笑顔が賑やかにはじけます。

▲店舗ごとに工夫をこらしたオリジナルメニュー「ほろよいセット」。日本酒との相性はどうでしたか?

▲応援に駆けつけてくれた酒蔵の方も。お忙しい中、本当にありがとうございました。

2日間に渡り、笑顔の絶えないイベントとなりました。日本酒をきっかけに世界が広がる、そんなイベントをこれからも企画していきたいと考えています。京都の日本酒振興に向けて様々な取り組みは、当サイトKyoto Loves Sakeより発信していきますのでお見逃しなく。最後になりましたが、関係者の皆様、イベントにご参加いただきました皆様にこの場を借りてお礼申しあげます。誠にありがとうございまし た。

イベント名

開催場所

日時

参加費

イベントURL

お問い合わせ先

イベント概要

備考欄

申込期限

定員

振込先