京都市が全国で初めて制定した「京都市清酒の普及の促進に関する条例」の趣旨を世界の人々に幅広くPRするため、2013年11月17日、伏見大手筋商店街にて日本酒で乾杯してギネス世界記録認定を狙う「ギネス世界記録™町おこしニッポン~キズナ杯 in 伏見大手筋商店街~」が開催されました。

 

キズナ杯とは、2人1組になって腕をクロスし、乾杯するスタイルとして命名したもの。

 

ギネス世界記録の厳しいルールをかいくぐり、挑戦した結果は…

参加者802人全員が成功!

前記録の440人を大幅に上回り、見事世界新記録を樹立しました!

 

準備から挑戦、結果発表まで、長いようであっという間の1日。

緊張感あふれるチャレンジの様子をご紹介します。

 

☆★当日の様子★☆

ギネス挑戦当日の11月17日は、ぽかぽか日差しの小春日和。静かな大手筋商店街いっぱいに参加者が集合する様子を、誰も想像が出来ないままでいました。

参加者の5%が失敗すると、挑戦自体が失格となる厳しいルール。何カ月も前からの入念なシュミレーションと打ち合わせを行い、当日を迎えます。50名を超える当日運営スタッフは、最後の最後までチェックを欠かしません。緊張MAX!あー、神様!

いよいよ受付開始!参加者は、京焼・清水焼のおちょこを手に取り、挑戦エリアへと進みます。エリア入口では、ギネス公式認定員のマクミラン彩さんが手元のカウンターで人数チェック。挑戦する参加者数が正確に記録されます。

参加者全員が入場しました。司会は、αステーションDJの林智美さん!ハスキーな声と軽快なアナウンスで、会場をさらに盛り上げます。

伏見大手筋商店街の浅野理事長、門川大作京都市長、橋村芳和京都市会議長の開会挨拶に引き続き、ギネス公式認定員マクミラン彩さんからのルール説明です。全員でしっかり確認し、深呼吸して準備はOK…。

「挑戦スタート!」の合図で腕を組み、かんぱーいと発声し、終了の合図があるまでその体制をキープしなければいけません。さあ、準備はいいですか?いきますよ?せーの、「かんぱーい!」

挑戦終了!ただいま、監視員による厳正なる審査が行われています。ルールが守られていなければ、失格となり、失格者が参加者の5%を超えてしまうと、挑戦自体が失敗となるシビアな規則。参加者も見守る中、果たして結果は…?

「 congratulations!世界新記録達成です!」なんと、1人も失格者が出ることなく、802人全員が成功しました!これだけ大規模な挑戦で、失格者が出ないのは、珍しいとのこと。最高の結果に、会場がわぁっとわきあがりました。

ギネス公式認定員マクミラン彩さんより、大手筋商店街の浅野理事長へ記録達成の公式認定証が手渡されます。京都市会の隠塚功副議長のかけ声で、「ばんざい、ばんざーい!」。伏見酒造組合の増田德兵衞理事長の終了挨拶で大盛況のイベントも終了。総勢802人が日本酒乾杯を通じてひとつになった1日でした。

人と人とのつながりを再認識できた「ギネス世界記録™町おこしニッポン~キズナ杯 in 伏見大手筋商店街~」。今後も日本酒や伝統工芸品とともに、それを楽しむ人とのつながりや文化も楽しんで頂けるイベントを企画しています。みなさんも、熱気うずまくイベント会場に、是非お越しください。お待ちしています!

【キズナ杯 in 伏見大手筋商店街】

開催日時:平成25年11月17日(日)

開催場所:伏見大手筋商店街(京都府京都市伏見区)

主催:伏見大手筋商店街

共催:京都酒造組合、伏見酒造組合、京都市

協力:京都陶磁器卸商業協同組合

特別協力:株式会社エフエム京都

Special thanks:京都着物企画、同志社日本酒サークル、第11回京都学生祭典実行委員会

イベント名

開催場所

日時

参加費

イベントURL

お問い合わせ先

イベント概要

備考欄

申込期限

定員

振込先