1月25日は日本酒本来の味わいに感動を覚える女子達で会場は沸き立った。京都市主催の「京都の日本酒振興プロジェクト」のひとつとして開催した今回の「第1回日本酒女子会」。舞台は京都のハイクラス創作料理店「まんざら亭 烏丸佛光寺」。料理人が提供10銘柄を自ら試飲し、お酒に合う料理を試行錯誤の上完成させた5皿がズラリと勢ぞろいした。会が始まり、日本酒とのマリアージュする瞬間を目の当たりにし参加者の驚きの声があがるたびに、流行に敏感な女子達のなかで日本酒への注目がますます高まっていることを感じた一夜だった。
参加者は先着順で30名様をwebで募集。3900円でお土産付ということもあり、ほぼ4日間で完売したほどの好評ぶり。会のなかでは、細見京都市副市長や、関係者でもある増田德兵衞氏(伏見酒造組合理事長・増田德兵衞商店第14代目当主)、サプライズゲストなども来場。テレビ取材、新聞取材なども入り参加者の皆さんもヒートアップして美味しいお酒とお料理を堪能されていました。

 

 

京都の日本酒10銘柄
「にごり酒 月の桂」(増田德兵衞商店)/「松竹梅 にごり酒 純米」(宝酒造)
「純米酒 ヌーベル月桂冠」(月桂冠)/「純米吟醸 花落」(招德酒造)
「純米大吟醸 桃の滴」(松本酒造)/「京都・匠 純米吟醸」(京姫酒造)
「純米酒 京都 五山の四季」(鶴正酒造)/「都鶴 純米大吟醸」(都鶴酒造)
「神聖 純米 ひやおろし」(山本本家)/「神蔵 純米酒 生原酒」(松井酒造)

 

まんざら亭 烏丸佛光寺 第1回「日本酒女子会」用メニュー
精進先付5種/ひな鶏グリル/珍味三種/焼おにぎり/豆富ムースといちご・金時人参かりんと


↑↑↑↑創作和食と日本酒のマリージュを楽しむ参加者たち

 

↑↑↑↑「にごり酒が美味しくて飲みやすくてついつい」

 

↑↑↑↑細見副市長のご登場で会場もヒートアップ。「日本酒はほどほどが一番美味しい!」

 

↑↑↑↑増田德兵衞氏の一言ひとことに日本酒への思いが心に響きました。

 

↑↑↑↑第2回目への期待が高まる参加者達の笑顔。

 


↑↑↑↑第2回目のきき酒コメントシート

サプライズゲストのおひとり増田德兵衞氏のお言葉をお借りすると「みなさんの笑顔とお酒(日本酒)やお料理が最高のマリアージュです」。日本酒を愛する女性の参加者がその言葉通り、喜んでいただけたことを確信し、主催・関係者一同にとっても多大な財産になった一夜でした。今後も京都の日本酒復興に向けて様々な取り組んでいきたいと考えておりますので、開催の折には是非ご参加下さい。告知は、当サイトKyoto Loves Sakeより発信していきます。 最後になりましたが、当日ご参加頂きました関係者の方々、先行予約でご応募頂きました皆様にこの場を借りてお礼申しあげます。誠にありがとうございました。

イベント名

第1回日本酒女子会

開催場所

まんざら亭烏丸佛光寺

日時

2012年1月25日(水)

参加費

3900円(お土産付)

イベントURL

http://www.kyoto-sake.com/event/781

お問い合わせ先

イベント概要

備考欄

申込期限

定員

30名

振込先