ここでしか見られない”ほんもの”に触れる講座 京あそび 春のプログラムを開催

1200年の京都の歴史にふれる文化体験プログラム「京あそび」が今年の春も開催されることが決定しました。
昨年、ご好評を得た「二条城」「宝蔵寺」のプログラムに続き、この春は5つのプログラムをご用意しております。

3月3日(土)・4日(日)に行われる『伊藤家の菩提寺 宝蔵寺で若冲に浸る』では、伊藤若冲らの作品を宝蔵寺ご住職の解説付きで真近で鑑賞出来るほか、上方落語家 桂よね吉氏による落語をお楽しみいただけます。
落語の演目は『ふぐ鍋』。日本酒を酌み交わしつつふぐ鍋を前に繰り広げられる心理戦を描いたお話です。
さらに、この2日間限定で若冲作品の髑髏(どくろ)図をあしらった純米酒「枡源」のお土産も付いています。

伝統と歴史が時代を超えて受け継がれた京都で、普段とは一味違ったお酒の愉しみ方を是非ご体感ください。


■イベント名
伊藤家の菩提寺 宝蔵寺で若冲に浸る

■概要
伊藤家の菩提寺である浄土宗西山深草派 宝蔵寺で、江戸中期の奇才の絵師 伊藤若冲の魅力に浸るプログラム。通常非公開の宝蔵寺本堂や書院を会場に、小島ご住職の軽妙な法話や若冲らの作品・4K映像作品鑑賞をお楽しみいただきます。さらに、今回のプログラムは、桂よね吉氏による落語の新演目「ふぐ鍋」、髑髏(どくろ)図をあしらった日本酒「枡源」のお土産をご用意しました。

■開催場所
宝蔵寺 京都市中京区裏寺町通蛸薬師上る裏寺町587

■日時
2018年3月3日(土)、4日(日)
<午前の部>
9:30 宝蔵寺にて受付開始
10:00 プログラム開始
13:00 解散
<午後の部>
14:00 宝蔵寺にて受付開始
14:30 プログラム開始
17:30 解散

■参加費
6,000円(税込)

■定員
各回先着45名様

■URL
https://kyo-asobi.kyoto/program/prg000004.html

■お問い合わせ先
京あそび 事務局
電話/FAX:075-223-0155(平日10:00〜17:00)
メール:bunkataiken@kyo-asobi.kyoto